個人でもレディースローンから借入を受けられる

個人でも借り入れできた銀行のサービス(男性/20代)

個人的に銀行から借入をするのは事業主や会社などだけだと思っていましたが、社会人になってから銀行から個人向けのカードローンやキャッシングのサービスが多く出ていることも分かりました。特に借り入れをしなければいけない用事はありませんでしたが、色々調べてみると旅行や買い物でも利用できるものだとわかり、それまでほしくても我慢していたものが手に入れられるのではないかと思ったのが借金を頼るきっかけでした。

完全に趣味のものですが、それ単体で5万円するもので、付属するパーツやアクセサリーを含めるとだいたい10万円かかってしまうものだったので、借り入れも利用して購入することにしました。少しずつ貯金もしていましたが、それほどたくさんは貯金できていなかったので、お金に余裕が出るまで待ちながら、審査には先に合格できるよう手続きをしました。収入は年収200万円ほどだったので、利用したかった限度額の20万円は簡単に利用できるようになりました。

借り入れの中では少額融資のうちに入るようでした。その後、実際に借り入れをしたのは5万円で、残りは自分の貯金で購入しました。実際に購入してパーツなどを組み上げながらとても嬉しかったのを覚えています。少し一人前に近づいたのではないかと思う瞬間もありましたが、返済のことは忘れずにいました。

レディースローン特集※専業主婦でも借りれるキャッシングを紹介

できるだけ早く返済したかったので、最初の返済の時に借入金額の半分ほどを入金しました。かなり早く返済したためか、返済シミュレーションでかかると思っていた金利よりも低い金額で済みました。銀行のサービスだったためか、追加返済もしっかり受け付けてくれました。

収入と職業が大切なポイント

個人事業主でも借り入れできる

銀行の借入を利用するのは会社や企業という印象も強いですが、個人でも個人事業主でも利用することができます。企業向けローンと個人向けローン、事業者向けローンなどそれぞれの用途に合わせてサービスもくまれており、女性向けのレディースローンまで登場しています。

中には専業主婦や学生でも利用できるようなかなりライトなローンもあり、ほとんどどんな人でも借り入れができるのが近年の銀行のサービスです。時には外国人でも借り入れできる場合があるので、銀行系のサービスは特にしっかりチェックが必要です。収入がしっかりあれば基本的には利用できるので、サービス内容もしっかりチェックしておきましょう。

少額融資は個人でも利用できる

個人向けの銀行系のキャッシングサービスは、利用限度額がかなり低めです。多くても50万円で、10万円単位で利用できる場合も多いです。一度に借り入れできる金額も1000円単位で利用できるサービスもあるので、自由度はかなり広いです。専業主婦でも配偶者の収入が良ければ30万円くらいまでは利用できます。

また、事業主は少し信用が落ちますが、十分な収入があれば50万円以上の借入でも受けられるようになります。収入証明書があると理想的で、アルバイトやパートでしか稼ぎがない方でも借入できるようになります。少額融資は多くの銀行で提供されているサービスなので、しっかり工夫して利用できるようにしましょう。

収入などは特にチェック

収入が十分あれば個人でも満足できる金額を借り入れできますが、その証明になる収入証明書や給与の証明書、納税証明書が必要になります。ただ金額だけ申告しても意味はなく、しっかり証明をしなければいけないことを忘れないようにしてください。

証明書は、市役所などで用意する場合とすでに持っているものの中から用意する場合があります。書類は昨年の収入を申告することになるので、若い場合にはまだ収入を証明できるものがない場合もあります。そういった場合には利用できる限度額は下がってしまいますが、どうしようもない部分なので最初はしっかり信用を重ねていけるようにしましょう。証明できる書類が用意できなくても、30万円くらいの借入であればできるので、しっかり頼れるサービスを見つけてください。